ざまア見ろと向ける顔の中の岩盤       十四世根岸川柳

存在が剥き出しになる、とはよく使われる言い方で、詩の魅力のひとつにそれがあると思いもするのだが、ここまでゴツンと剥き出しを感じさせられることもないと思う。「ざまア見ろと向ける」とは勝ち誇った者が自分より下になったと思った者への態度だが、そこで、表面の覆いをとっぱらって自分の顔に剥き出しになるのがこの句では「岩盤」である。これを「驕り」とか、「エゴイズムの醜さ」と読むのも可能(いかにも説教くさくなるが)。しかし、ここでは「岩盤」のゴツンという存在感が圧倒的であって、「驕り」や「エゴイズムの醜さ」さえも落ち切った在り方に付き当たる、そうした瞬間をこの句のように捉えられれば、詩か川柳かなんかはどうでもいい気もする。作者名の「十四世」は初代・柄井川柳からつづく「川柳」号の第14世ということ。ちなみに、十五世は脇屋川柳氏。

4 Responses to ざまア見ろと向ける顔の中の岩盤       十四世根岸川柳

  1. TOMOYA SAITO より:

    たびたび恐れ入ります 中央大学でお世話になったSAITOです ご連絡頂きましてまことにありがとうございます 現在でも大学で教えてらっしゃっるのですね ほんと生徒さんがうらやましいです ロメオ(チ)とジュリエットもまた勉強したいです! 今度フェイスブック拝見させて頂きたいと思います 友達リクエストさせて頂きますので何卒宜しくお願い申し上げます

  2. 平 宗星 より:

    Tomoya Saito さん

    コメントありがとう。現在は、尚美学園大学で「演劇と舞台芸術」等を教えています。12月のオープンキャンパスの模擬授業でも『ロミオとジュリエット』を高校の前でやりました。平宗星のフェイスブックも覗いてみてください。

    平 宗星

  3. TOMOYA SAITO より:

    1994年に中央大学でお世話になった者です こちらと関係のないことで大変申し訳ありません 先生のシェイクスピアの授業は大変有意義でためになるものでした 現在は教壇には立たれていないとのことで少々残念な気持ちもあります 「オ~ロ~メ~オ~」の先生の絶叫がまた聞きたくなりました 詩の分野でのますますご活躍をお祈りいたします

  4. 平宗星 より:

    東京川柳会の平宗星です。14世川柳の作品を取り上げ、鑑賞いただき、ありがとうございました。上記の作品は、根岸川柳の作品集『考える葦』に収録されているもので、私の好きな根岸川柳作品です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。